大塚 崇行さん

大塚 崇行さん

妻からの勧めで通いだしました。それと同時期に81歳の父と78歳の母も通いだし、一家総出でお世話になっております。

MEANAを選んでいただいている理由をお聞かせ下さい。

 最初は先に通っていた妻からの勧めで通いだしました。それと同時期に81歳の父と78歳の母も通いだし、一家総出でお世話になっております。

 その中でとても印象が強かったのが父の変化です。現在81歳の父は80歳を機に車の運転を辞め、それに伴い毎週に近く行っていたゴルフにも行かなくなりました。その時期から常時頭痛に悩まされ、心臓も弱くなり医者からペースメーカーの装着を勧められました。そこで妻からの勧めでMEANAに通いだしたところ頭痛が止み体の調子も改善し、ペースメーカーを入れる必要が無くりました。あのまま何もしなければ間違いなく父はペースメーカーを入れていましたのでそれを避けることが出来、先生には感謝の念に堪えません。

MEANAのレッスンで変わった事、実感したことがあれば教えてください。

 私は現在50歳でマラソンを17年続けていますが、妻よりいつも猫背で走っていることを指摘されていました。今まではそれほど感じていませんでしたが年を重ねるにつれレース後半になると猫背姿勢が強く出てしまいペースが保てなくなってきました。それと強度のトレーニングをするとシーズン後半にいつも右膝に痛みが出るようになっていました。MEANAに通うようになってからなぜそれらの症状が出るかを詳しく分析してもらい、自分の体の弱い部分や癖のある部分の改善をしていただいており、今まではただやみくもに走っていたトレーニングを年齢と体に合った内容に変えることが出来ていると実感しています。

最後に

 マラソンを長く続けていますが今までは特に体のケアをすることがありませんでした。そして膝や腰に痛みが出てもマッサージに少し通えば治っていましたが、年を重ねるにつれ故障が慢性化し治りも悪くなってきていました。そこで浅見先生より色々な体の仕組みを教わりなぜその痛みが出るかの原因から教わることが出来、現在改善に努めています。今後も長く走り続けられるよう体の改善に努め、楽しいラン人生を続けていきたいと思っていますので今後とも宜しくお願いします。

その他の体験談